2006年04月10日

民主党代表 小沢一郎氏の本を紹介します

民主党の代表に小沢一郎氏が就任することになりました。
「剛腕」「壊し屋」などという異名を持つ小沢氏。
各種世論調査によると、小沢氏に期待する人が多いようです。

そこで今回は、小沢氏の書いた本をご紹介します。
一度読んで見られては?

『日本改造計画』

小沢一郎は、この日本再生ビジョンにすべてを賭けた。
●主な内容
・迷惑な「指導力の欠如」
・権力を行使しない危険
・政府は「企業弁護士」か
・首相官邸の機能を強化
・官僚が決定権者か
・政党による政策の選挙
・全国を300の「市」に
・生かされていない官僚の頭脳
・誤解されている「吉田ドクトリン」
・国連待機軍をつくれ
・「世界貿易機構」をつくる
・10万人留学生の受け入れ
・個人を大切にする社会
・都市に住宅、地方に雇用
・所得税・住民税を半分に
・自由な人生設計ができない日本人
・高齢者の職場参加を進める
・女性も選択が可能な社会を
・管理型行政からルール型行政へ
・新・教師聖職論


『男の行動美学』

自由党旗揚げから自自連立へ―わずか51人の集団にしてあの自民党から「ひれ伏しても小沢さん」といわしめた男の行動美学とはなにか。


『語る』

日本はいつからこんな無責任大国になったのか?改革の旗手が初めて語る私生活、政界再編秘話、歴史観、いわれなき中傷への反論etc
posted by 自称評論家M at 23:28| Comment(37) | TrackBack(1) | 本(政治) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月25日

【前原誠司 民主党代表就任記念】前原誠司関連本

前原 誠司(まえはら せいじ、1962年4月30日 - )は、平成期の日本の政治家、衆議院議員。民主党代表(2005年9月17日 -)。

民主党若手屈指の論客として知られ、特に安全保障政策では党を代表し、政府側と交渉に当たる。平成14年(2002年)9月の代表選挙では、菅直人、鳩山由紀夫の二枚看板(いわいる「鳩菅体制」)に危機感を覚え、世代交代を図るため「第二期民主党をつくる有志の会」を結成する。若手統一候補として野田佳彦と並び、代表選候補に名前があがったが、最終的に野田を推薦する側に回った。ちなみに弘兼憲史作の政治漫画「加治隆介の議」の主人公・加治隆介のモデルの1人となった。



前原誠司の師匠である高坂正尭氏の関連本



松下政経塾関連

posted by 自称評論家M at 16:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 本(政治) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月21日

めっちゃわかりやすい政治の本『政治の教室』橋爪大三郎著



評価(10点満点):★★★★★★★★★☆(星9個)

kao230.gif政治と聞いて、どういうイメージを持ちますか?
おそらく良いイメージを持つ人は少ないでしょうね。

kao267.gifこれも皆、官僚や業界と癒着して、やりたい放題をしている政治家が悪いのでしょう。
彼らは政治家というより政治屋だもんね。

kao230.gifこの本の著者である橋爪先生はこう仰います。
「政治はこれまで、泥にまみれ、金にまみれてきた。そういうイメージが先行して、日本人は、政治を軽蔑してきた。政治を軽蔑するから、政治に関わらない。政治に関わらないから、政治が良くならない。政治がよくならないから、政治を軽蔑する。こういう馬鹿馬鹿しい悪循環を、断ち切ろう。」

kao267.gifそれはわかるんだけど・・・
難しいもんね。

kao230.gif橋爪先生は、政治の定義を「ある範囲の人々全員を拘束してしまうような事柄を決めることです」とのわかりやすい言葉で説明されます。
多くの人々と集団で生活をしている我々と政治とは切っても切り離せない関係にあるのですね。

kao267.gifふむふむ。

kao230.gif民主主義の成立を歴史的・宗教的に説き起こす【原理編】。
日本的政治の問題点をクリアに分析する【現実編】。
政治がよくなる『金』『人』『情報』のあり方を提案する【改革編】。
これら3つの編から、わかりやすく説明されています。

kao267.gifなるほど。

kao230.gif民主主義についての正しい知識と理解を身につけ、私たち一人一人が政治の主人公として行動するのをサポートする待望の教科書といえるでしょう。
posted by 自称評論家M at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 本(政治) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。