2005年08月13日

司法試験受験生が読むべき基本書〜憲法編

kao933.gif憲法学の「国定教科書」と言われているのが、芦部信喜著、高橋和之補訂の『憲法』
芦部先生は亡くなられましたが、依然として強しだね。

kao371.gif生前、芦部先生は憲法学会をリードする第一人者でした。
元試験委員であり、先生の書かれたこの『憲法』は今でも最も多くの受験生が愛用していますね。
読めば読むほど深みが出る本です。

kao933.gifでも「統治」の部分が薄いのがちょっと難点ですね。



kao371.gifうん、そうだね。
「統治」の部分は、通称「四人組」の『憲法T・U』有斐閣で補うのがいいと思う。

kao933.gif高橋先生や野中先生など、元試験委員の先生方が書かれた本だね。
細かいところまでフォローされていてなかなか良い本です。





kao371.gifあと、芦部憲法を補充する本として『憲法判例を読む』をオススメします。
この本は芦部先生が行った憲法の重要判例に関する市民向けのセミナーをまとめたものです。
違憲審査基準の理解が深まります。










kao933.gif忘れてはならないのは、『憲法判例百選T・U』
判旨の部分は覚えてしまっちゃうほど読み込んでください。

kao371.gif私は、事案、判旨はもちろん、時間があれば解説も読むべきだと思います。
憲法学のお偉い先生方の文章をたくさん読むことは憲法学の深い理解につながると思います。






kao933.gif予備校関係の本としてオススメなのは、伊藤真著『伊藤真の憲法入門』『試験対策講座 憲法』ですね。
伊藤先生は言わずと知れたカリスマ講師。
伊藤塾の塾長です。

kao371.gif某掲示板では「魔骨」(まこつ)と言われていますね(笑
この先生は受験生によっては好き嫌いが分かれるけど、わかりやすい講義をされることには誰も異論はない。

kao933.gif学者の先生の基本書を読む前の入り口の本としてオススメですね。
「あ!そういうことだったのか」と何度も思うことでしょう。 

司法試験受験生が読むべき基本書〜民法編
posted by 自称評論家M at 18:27| Comment(0) | TrackBack(2) | 本(資格試験) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

ネットアイドルの性態
Excerpt: あの人気ネットアイドル「ま○18歳」がついに脱いだ!元カレがま○の全てを暴露。またハメ撮り動画も公開!
Weblog: 別冊ネットアイドル
Tracked: 2005-08-15 13:14

ネットアイドルの性態
Excerpt: あの人気ネットアイドル「ま○18歳」がついに脱いだ!元カレがま○の全てを暴露。またハメ撮り動画も公開!
Weblog: 別冊ネットアイドル
Tracked: 2005-08-15 13:31
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。