2005年07月19日

憲法を楽しく学べる本『痛快!憲法学』『日本人のための憲法原論』小室直樹著

 

評価(10点満点):★★★★★★★★★★(星10個)

kao129.gifあなたは護憲派?改憲派?
どちらの立場にしろ先ずはこの本を読もう。
この本は憲法の本質についての確かな理解を可能としてくれます。

kao741.gifそうだね。
まずはこの本を読まなきゃ、議論がはじめられないね。
経済学や社会学、思想・宗教などの多角的な見地から論じられた憲法論は、この本でしか学べない。

kao129.gifなぁ〜んて言うと、「難しそうな本だな〜」と思うかもしれないけど、全くそんなことありません。
中学生でも読める本だと思います。
夏休みや春休みに読む本として最適かな。
数学・経済学・社会学・心理学など多くの学問を修めた著者だからこそ書ける、わかりやすい内容の本です。

kao741.gifここまでわかりやすく、しかも深い、憲法学の解説ができるのは現在日本で著者だけと言ってもよいだろうね。
学校の副読本として使って欲しい本です。
書かれている内容は、学問的にスタンダードな学説に依拠しており、この点も好感が持てる。

kao129.gifおそらく、ここ数年以内に国民は憲法を改正するべきかの問題に直面するでしょう。
国民一人一人が適切な判断をしなければならなりません。
この本はその適切な判断を可能としてくれるでしょう。

【その他、オススメの憲法入門書】

・リベラル系
  

・保守系
  
posted by 自称評論家M at 14:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 本(法学) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。