2006年03月25日

新書で「学問」を学ぶ ― 名著編

何度も版を重ねる名著をご紹介します。

『日本の思想』丸山真男


現代日本の思想が当面する問題は何か。その日本的特質はどこにあり、何に由来するものなのか。日本人の内面生活における思想の入りこみかた、それらの相互関係を構造的な視角から追究していくことによって、新しい時代の思想を創造するために、いかなる方法意識が必要であるかを問う。日本の思想のありかたを浮き彫りにした文明論的考察。


『日本人の法意識』川島武宜



『社会科学における人間』大塚久雄



『国際政治―恐怖と希望』高坂正尭



『法と社会―新しい法学入門』碧海純一



『民法のすすめ』星野英一


国家と古い共同体を主とした社会から,自発的な個人により形成される社会の重要性が強調されている今,私たちは民法を避けて通ることはできない.人と人を結びつける法である民法は,ビジネスをはじめ市民運動や日常生活の現場で活躍している.社会を創り活動する市民のために,民法学の第一人者がその基本理念と役割をやさしく解説.


posted by 自称評論家M at 20:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 本(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新書で「学問」を学ぶ − 入門編

法学 
『父と娘の法学入門』大村敦志


わたしたちの生活を支えている「法」の仕組みはどうなっているのかを、法学者のお父さんが高校生の娘と対話をしながら探っていく。身近な話題をきっかけに、楽しみながら法の基本的な考え方を理解できる入門書。


経済学 
『高校生のための経済学入門』小塩隆士


わが国の高校では、経済学がほとんど教えられていない。「政治・経済」という科目に経済学の基礎が説明されているが、この科目自体の影が薄い。一方、世の人々の経済に対する関心はけっして低くない。本書では高校生にもわかるように、ポイントをきちんと抑えながら、経済学の基本的な考え方を解説する。理論そのものよりも、現実の経済問題の解決に経済学の考え方がどのように生かせるかという、実践的な面を重視する。


行動分析学
『行動分析学入門―ヒトの行動の思いがけない理由』杉山尚子


ヒトや動物の行動の隠された原因を解明する。
アメリカの心理学者スキナーにより創始された行動分析学は、ヒトや動物の行動の思いもよらぬ原因を明らかにする。行動予想、制御を可能にし、心理療法にも成果をあげる行動分析学の画期的入門書。


犯罪精神医学
『犯罪精神医学入門ー人はなぜ人を殺せるのか』福島章


近年、日本社会が大きく様変わりし、かつては見られなかったタイプの凶悪犯罪が現れてきた。凄惨な殺人事件もしばしば発生している。連続幼女誘拐事件、池袋通り魔事件、全日空機ハイジャック事件、そして幼い八人の命が失われた大阪教育大学附属池田小学校事件。多くの殺人者たちと向き合い、精神鑑定を手がけてきた著者が、世間に衝撃を与えた重大事件を分析。犯罪研究に関する諸科学の成果を紹介する。
posted by 自称評論家M at 17:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 本(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。